フレナーラの知っておくべき副作用とは?

フレナーラは今や手汗対策の必需品となりつつありますが、お肌に直接使うものなので副作用はどうなっているのでしょうか?

 

気になる副作用について調べてみました。

 

今までの制汗剤は塩化アルミニウムなど、お肌にとても強い刺激を与える成分が含まれていました。

 

そのため、使用することで多くの方が痒みを感じたり、お肌が荒れるなどの副作用がありました。

 

しかしフレナーラにはクロルヒドロキシアルミニウムという成分が使われていて、今までの発刊剤とは異なり、使用後に痒み等の副作用が出にくいとされています。

 

クロルヒドロキシアルミニウムは日本製のデオドラントには、よく使われている原料です。

 

しかし、このクロルヒドロキシアルミニウムに関しては、一時期は発がん性の問題が騒がれたことがありますが、明確な根拠はありません。

 

それは、心配・・・という方安心して下さい。

 

フレナーラには古来より使われているミョウバンや柿タンニンを含んでいるので安心なんです。

 

どうして安心なのか、ミョウバンと柿タンニンについて説明します。

 

・ミョウバン

 

水に溶けると酸性になる性質があります。

 

私たちの肌は弱酸性に保たれていて、皮膚がそれを保っている状態であれば、臭いの元となる雑菌の繁殖を抑えられると言われています。

 

ミョウバンは収斂剤としても使われています。

 

収斂剤とは一体何かと言いますと・・・

 

1.汗腺を閉塞させることで、汗の発生を抑えることができる

 

2.余分な皮脂の分泌を抑える働きがある

 

3.角質層を引き締めることで、肌のバリア機能をアップする

 

4.肌を引き締める働きが発汗作用につながる

 

 

そんなことから、ミョウバンは古来より使用され、天然由来成分なので身体にも優しいデオドラント原料と言えます。

 

 

・柿タンニン

 

タンニンとはポリフェノールの一種です。

 

これも収斂作用を持っているので、肌につけると毛穴を引き締める効果があります。

 

そのことが発汗の発生を抑制すると言われています。

 

実際、発汗効果は高く、他の制汗剤にもよく使われる茶カテキンの20倍以上の効果があると言われています。

 

柿タンニンも天然由来成分であるため、お肌に優しいことも特徴の一つです。

 

 

こうして、ミョウバンと柿タンニンが天然由来成分でお肌に優しいことが分かりました。

 

優しいことが分かっているので、クロルヒドロキシアルミニウムという成分を使っているのです。

 

 

フレナーラは厳選された7種類の天然植物エキスが使われています。

 

これは、他のハンドクリームやサプリメントにも配合されているものばかりなので、副作用の心配はなさそうです。

 

また、フレナーラには刺激のある添加物も一切配合されていませんので、お肌の弱い人でも安心して使えます。

 

関連ページ

手汗を止めてくれる成分はこれ
フレナーラのこだわりの成分について。色んなことを考えた奥の深いフレナーラの成分に感動。
驚きの効果に皆大満足!?
フレナーラの感謝すべき効果について説明します。手汗に悩んでいない人には小さなことだけれども、悩んでいる人には大きな効果がフレナーラから実感できます。
2大制汗剤フレナーラとファリネの決定的な違いとは?
よく比較されるフレナーラとファリネ。それぞれの特徴を比較して、フレナーラとファリネの違いを発見しました。