2大制汗剤フレナーラとファリネの決定的な違いとは?

フレナーラとファリネはどちらも2大制汗剤と呼ばれています。

 

この二つは手汗で悩む人にとっては、心強い味方になってくれるアイテムです。

 

暑さ以外に緊張や興奮で汗ばむという精神性発汗が起きるのは、ごく普通の反応なのですが、実際、頻繁に手汗が出るのは悩ましいことですし、生活にも不便が生じます。

 

フレナーラとファリネは手汗専用で、瞬時に発汗を抑えたり、習慣的に使用することで改善されると言われる、一見姉妹のようなアイテムですが、フレナーラとファリネの違いを見てみましょう。

 

・フレナーラ

 

ハンドクリームのように使用できるジェル状のもので、手に素早く馴染ませて、持続性を実感できる。

 

通常の制汗剤では届かないエクリン腺へ浸透し、有効成分が汗を根元から予防する。

 

分子レベルで汗を元からシャットアウトして、毎日のケアで発汗抑制を長時間可能にした。

 

500種類の中から7種類の天然植物エキスを厳選して配合。

 

お肌に優しい無添加。

 

肌の弱い方でも安心して使うことが出来る。

 

 

・ファリネ

 

ファリネはパウダータイプでパッティング式。

 

手汗が気になったらすぐにパウダーで抑えれば、サラサラになり、快適になる。

 

超微粒子パウダーが手の汗腺にしっかりと密着して、エクリン腺から出る汗をナノイオンブロックする。

 

特殊ナノイオン微粒子とACHのダブル制汗でブロック。

 

天然素材麻セルロース配合で、手の平の水分量を調節する。

 

超微粒子パウダーで隅々までカバーしてくれる。

 

肌に優しい無添加で安心して使える。

 

 

また、満足度アンケートでは

 

フレナーラ:モニター数215人中 91.7%が満足

 

ファリネ:モニター数78人中 92%が満足

 

と、どちらも9割以上のモニターが満足しています。

 

フレナーラとファリネは大きな違いはなく、肌に優しいのも同じなので、何が一番違うのかと言いますと、

 

持続性を実感したいならフレナーラ

 

即効性を実感したいならファリネ

 

と言ったところです。

 

どちらを選ぶのかは、家の中で使うのか、会社に持って行くのか、など、それぞれのライフスタイルによって違いますが、多くの方が手汗のプレッシャーから解放されることを望みます。

 

関連ページ

手汗を止めてくれる成分はこれ
フレナーラのこだわりの成分について。色んなことを考えた奥の深いフレナーラの成分に感動。
フレナーラの知っておくべき副作用とは?
フレナーラは成分にこだわっているので副作用が心配です。突き詰めていくとフレナーラは副作用がないようです。
驚きの効果に皆大満足!?
フレナーラの感謝すべき効果について説明します。手汗に悩んでいない人には小さなことだけれども、悩んでいる人には大きな効果がフレナーラから実感できます。